ホストクラブを経営するには

風俗というと、ファッションマッサージとかキャバクラ、はたまたソープランドなどが想起されます。ホストクラブもこの風俗というものに含まれるのですが、風俗は、「風俗営業等の規制及び業務の適正等に関する法律(いわゆる風営法)の規制対象となります。

 
 
 
 
 

風営法について少し

風営法の第一条(目的)には、「この法律は、善良の風俗と清浄な風俗環境を保持し、及び少年の健全な育成に障害を及ぼす行為を防止するため、風俗営業及び性風俗関連特殊営業等について、営業時間、営業区域等を制限し、及び年少者をこれらの営業所に立ち入らせること等を規制するとともに、風俗営業の健全化に資するため、その業務の適正化を促進する等の措置を講ずることを目的とする」と書かれています。そして、第2条には、「用語の定義」が書かれています。法律を読む際は、まずもって、法律の目次、目的条文、定義を抑えていくことが重要になります。そのうえで、中身を読んでいかなけれんばなりません。実は、この風営法の対象には、ゲームセンター、パチンコ店も含まれます。この辺りは、第2条1項を読むと明らかになります。風俗営業をしようとする場合、なんでもかんでも法律の専門化に任せてしまわないで、一度は、風営法を読んでみることは、いざというときにひるまずにすむことでしょう。

風俗業の種類

風俗業は、風営法からみてみると、大きくキャバクラ、パチンコなどの「風俗営業」とソープランド、デリヘルなどの「性風俗特殊営業」に分けられます。

さらに、「風俗営業」は、キャバクラ、ダンスホールなどの「接待飲食等営業」とパチンコ、麻雀店、ゲームセンター等の「遊技場営業」に分けられます。そして、「性風俗特殊営業」は、ソープランド、ラブホテルなど「店舗型性風俗特殊営業」とデリヘル、アダルトビデオなどの通信販売業などの「無店舗型性風俗特殊営業」、「映像配信型性風俗特殊営業」、「店舗型電話異性紹介営業」、「接客業務受託営業」に分けられます。

まずは、これらの体系を記憶しておくことが、法律を読んでいく上で必要になります。難しいことはありません単純に、記憶していけばよいだけの話です。ひるんではいけません。

ところで風俗営業はどれくらいの儲けがあるのか

これらの業種の「儲け」については、なかなか難しいことがあります。店の規模、使っている女の子・ホストの数、営業形態によって、さまざまだからです。

たとえば、カウンター式で、ママとパートのホステス1人くらいで切り盛りしているようなスナックですと、家賃と人件費が最も抑制できるので、利益があがります。ママ1人で固定客をそこそこもっていると、家賃と仕入れ代を差し引いたら、丸々儲けになります。

ホストクラブの場合も、儲けと人件費との兼ね合いは、スナックとかなり近くなります。ただ、ホストクラブの場合は、お客さんの料金体系が1時間○○円(+指名料)ということが明確になっている点と、スナックよりも場所をとるため家賃がかかるという点が、大きく異なります。ホストクラブの場合は、儲けは売上げの3割で十分と言われています。

しかし、結局のところ儲かる・儲からないはホストの質次第ではないでしょうか。ルックスはもちろんのこと、お客様を飽きさせない話術も必要です。 ルックスに関してはメンズ脱毛でヒゲを整えたり、普段は見えない背中まで気を配って脱毛でスベスベにしたり、お金を掛ければそこそこのレベルに行けるのですが、話術に関しては天性の素質によるところが大きいですね。でもテレビや新聞、ネットなどあらゆるメディアから情報を得て幅広いジャンルの知識を身に付けるなどの努力をすれば話題が広がるので、そういった努力のできるホストがいる店は儲かるでしょう。

背中と胸のムダ毛処理も怠らず
ヒゲだけじゃない、「ハロス」の胸部・腹部・背中脱毛。
愛知県名古屋市中村区名駅3丁目13-31 名駅モリシタビル 9F
フリーダイヤル:0120-689-863(年中無休)
http://haloss.jp/
出来るホストはみんな脱毛してる!?